ドイツの旅 ③

ドイツの旅の続きです。

ミュンスターを後にして、ケルンへ向かいました。
ケルン駅を出ると、すぐ目の前に北ヨーロッパで一番大きいケルン大聖堂がそびえたっています。
b0292555_02084097.jpg
1248年に建築が始まって、完成まで600年以上かかっています。大きさもさることながら、外部の繊細に施された彫刻も見ごたえがあります。


b0292555_02084868.jpg
内部も巨大で、垂直を強調した後期イギリスゴシック様式が応用されています。ミサが始まる前だったので、あまり内部は見学できず、次の電車まで時間があったので、大聖堂から歩いて5,6分の所にあるケルン応用美術館(工芸品を主に展示している美術館)に行くことにしました。


b0292555_02334647.jpg
フランスの陶芸家ベルナール・パリッシー、 1550年頃作の装飾的なお皿です。似たようなお皿がボストン美術館にもあり、その説明書きによると、魚やザリガニ?などは実際の生き物を使って型どられています。お皿に水を張ってテーブルに置き、楽しんでいたようです。

b0292555_03065191.jpg
1550年頃作られた花瓶。


b0292555_03065985.jpg
王様のレリーフが施された蓋付きのビアマグ。1572年に作られました。ドイツらしいですね。

b0292555_02340041.jpg
1520年頃ケルンで作られた髭徳利。(ワインを貯蔵するものです)何だかダルマさんに似ています。
b0292555_03415970.jpg
1680年頃に作られたビアマグ。
17世紀初期からヴェスターヴァルト群地方はは陶芸の中心地として発展してきました。以来、青みのあるグレーの塩釉薬がかかった陶器はヘール=グレンツハウゼン市周辺で焼かれています。



b0292555_02341830.jpg
2つの入れ物(冬と夏)18世紀中期。
中国で生産されはじめた磁器は長い間ヨーロッパでは生産できず、そのためとても人気の高いものになっていました。しかし、17世紀に入って、磁器土をヨーロッパでも生産できるようになり、1710年1月23日、マイセンにある磁器工場で初めてヨーロッパ産の磁器製品が作られて以来、世界中にその製品は広まっていきました。

ケルン応用美術館は陶器の他にも、ガラス、家具、メタル作品が展示されています。







ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけるとはげみになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by ceramicsinla | 2017-09-25 08:19 | その他 | Comments(0)

ボストン

今、ボストンに来ています。
ハリケーンホセの影響で、雨はそんなに降ってはいないのですが、今日は風が強いです。


ボストンはアメリカの歴史が詰まった街で、レンガ造りの建物が多く、ロサンゼルスとは違った雰囲気があります。
b0292555_06212084.jpg

また、全米で4番目の大きさを誇るボストン美術館もあります。
b0292555_06275199.jpg
展示されている作品も幅広く、古代エジプト、ローマ美術からモダンアート、地域もアフリカ、中近東、東洋美術と見ごたえがあります。
もちろんセラミックアートも展示されています。
その中から、アメリカ人のアーティストの作品を少しだけ紹介します。
b0292555_06212934.jpg
Sara Galner の作品で1912から1924ごろに作られたボール、ディナーセットです。彼女自身はオーストリアーハンガリー生まれですが、これらの作品はここボストンで作られました。




b0292555_06213521.jpg
Ralph Bacerra " Vessel" (1999)



b0292555_06214084.jpg
Adrian Saxe "Golden Ewer" (ca 1995)



b0292555_06214672.jpg
Kathy Butterly 左から"Call Me Mary", "Hoola", "Soft"



b0292555_06215648.jpg
Leza McVey "Three Ceramic Forms" (1955)



b0292555_06215138.jpg
Peter Voulkos "Untitled" (ca 1959-60)


陶芸作品の他にも、絵画、彫刻、写真と優れた作品が多く展示されているので、ボストンに行った際には時間に余裕をもって訪問することをお勧めします。



ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけるとはげみになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by ceramicsinla | 2017-09-21 07:03 | その他 | Comments(0)

ドイツの旅 ②

ベルリンを出発した後ICEに乗ってハンブルクへ向かいました。しかし、ここでハプニング勃発!!!
ベルリンとハンブルクの間で鉄道に損傷があったため、列車はノロノロ運転。1時間40分で着くところ、4時間半もかかってしまいました。おまけに列車はどこの車両も満席で、指定席を取っていなかったため4時間半デッキで過ごすことに。。。

そんなこんなで着いたハンブルクはどんよりとした空模様で、北海に面しているだけあって、肌寒い天気でした。
b0292555_08110063.jpg
内アルスター湖の噴水。去年訪れたジュネーブの噴水を思い出しました。


ハンブルクはドイツ第2の都市でヨーロッパでも有数の港街です。
b0292555_08113223.jpg
運河に沿ってレンガ作りの倉庫街が続きます。倉庫だけでなく、街を歩いていて、ハンブルクの建物はレンガでできたものが多いように感じました。それが、フランクフルトとも、ベルリンとも違ったハンブルク独特の雰囲気を作っているのだと思います。
b0292555_08354748.jpg



さて、ハンブルクに2日滞在した後、ミュンスターに向かいました。
ミュンスターでメルケル首相に遭遇したことは以前書いたので、今回は街の様子を少し。
b0292555_08522570.jpg
小さい街ながらも歴史を感じさせれらる建物が並び、特に切妻の部分が特徴的です。アーケードを備えているので、ウィンドウショッピングしながら歩くのも楽しいです。
b0292555_08523669.jpg
アイアンでできた看板もかわいいですね。

さらに南へと旅は続きます。





ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけるとはげみになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by ceramicsinla | 2017-09-04 09:09 | その他 | Comments(0)

ドイツの旅 ①

先週の土曜日にドイツから戻ってきました。
今回のドイツ旅行は、フランクフルト→ベルリン→ハンブルク→ミュンスター→ケルン・ボン→ザンクト・ゴアール→バッハラッハ→リューデスハイム→フランクフルトと北部を中心に回る旅です。
まずはフランクフルトから出発です。


b0292555_09385020.jpg
フランクフルトの観光名所の一つ旧市庁舎レーマー広場です。木組みの建物がドイツ的でかわいいですね。
今回フランクフルトはドイツへの発着が主な目的だったので、旧市街地をブラブラと散策して翌日にはベルリンに向かいました。


b0292555_06522441.jpg

ブランデンブルグ門です。
ベルリンには3日間滞在だったので、ミュージアムパス(3日間有効で30以上の美術館・博物館に入り放題)を購入して4つの美術館に行ってきました。

まずは、ペルガモン博物館。

b0292555_09495528.jpg
あいにく、ゼウスの大祭壇は改装中で見ることが出来ませんでしたが、巨大なバビロニアのイシュタール門に感動を受けてきました。

その後、新ナショナルギャラリーに行ったのですが全館工事中で中に入れず、バウハウス展示館へ。

b0292555_07075457.jpg

建物は面白い形をしているのですが展示スペースはとても狭く、展示自体も何だか期待外れでした。
”もとを取らないと”と、あと旧ナショナルギャラリーと
Museum für Gegenwart に行ってきました。


そして、ベルリンでアートといえば美術館・博物館だけでなくイーストギャラリーも見ておかないと。
東西を分断していた壁が1㎞ほど保存されていて、国内外のアーティストによってさまざまなメッセージが込められた壁画がオープンギャラリーとして開放されています。


b0292555_07220284.jpg
b0292555_07222007.jpg
b0292555_07222849.jpg
b0292555_07221135.jpg

街の散策中、木の自転車を発見。飾っているだけでなく、売り物です。
乗り心地はどうなのだろう??

b0292555_08245274.jpg







[PR]
# by ceramicsinla | 2017-08-31 08:35 | その他 | Comments(0)

只今ドイツを旅行中です。
2日前ミュンスターに行ったとき、丁度メルケル首相も選挙応援演説で訪れており、せっかくなので(ドイツ語はさっぱり分からないのですが)演説を聞いてみました。ドイツでは9月に選挙があるようです。


b0292555_00414916.jpg


b0292555_00420039.jpg


演説が行われていたのは街の中心地にあるザンクト・パウル大聖堂の前。
b0292555_00421286.jpg
後ろーの方から見ていたのですが、前の席に座っていた人は熱心に拍手をしていましたが、私の周りでは年配の人がちらほらしていたぐらい。。。
どちらにしても、メルケル首相の率いるキリスト教民主同盟が今のところ有利なようです。



ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけるとはげみになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by ceramicsinla | 2017-08-25 01:05 | その他 | Comments(0)

ロサンゼルスで陶芸家をめざして奮闘中。陶芸、美術、時々アメリカのこととか旅行のことなど、思いついたことを綴っています。